So-net無料ブログ作成

MRTでホテルの最寄り駅まで移動(松山機場駅~忠孝復興駅~台北駅) [交通]

空港から約10分歩いて、着いたMRTの

文湖線松山機場駅から、ホテルに向かうため

MRTに乗った・・・。

乗り心地は東急線っぽい感じかな~?


4つ目の忠孝復興駅で板南線に乗り換えて3つ目の

台北駅で下車してから、地図を見ながら宿泊先

「天成大飯店」~コスモス~まで歩きました。


途中銀行を見つけたので、為替のカウンターを探して

現金を両替しました・・・。レートは空港よりも良かったですよ。


あ、もちろんホテルにも為替所はあるんだけど、レートがあまり

良くないことが多いって、ベテランさんからのアドバイスありました。

確認したら、やっぱり大分違いますね・・・。





移動に便利なMRTを使いこなす② [交通]

改札口の通り方

駅に入るときには自動改札機のタッチパネルに

タッチします(片道切符・カード)

出る時には片道切符の場合は投入口に投入します

(回収されます)

カードの場合はタッチします(残高が表示されます)


そうそう、台北はちょっとした自転車ブームで、

土・日曜日に限りMRTの一部の駅から自転車の

持ち込みもOKなんですよ~^^

持ち込み可能な駅には、エレベータがあって

MRT路線図には自転車マークがついてますからね





タグ:台北 MRT

移動に便利なMRTを使いこなす① [交通]

空港で両替して、MRT文湖線の

松山機場えきまで歩いたら私の足で約10分でした。

台湾は日本よりも常時2~3℃くらい高めの気温で

湿度が高いので、汗ふきタオルが必需品~^^

私のお気に入りは、今治タオルのピアジェ・・・。

ふわふわで、汗をよく吸ってくれますよ。

今治タオル ピアジェ:ハンドタオル



今回も到着した夜に、夜市であす以降に着る洋服や

下着をお買い物する予定で来たので、コロコロの中は

実はほとんど空なので、歩いてもそれほどの負担には

ならなかったですよ(^^)


MRTの初乗り料金は20元⇒これを基準にすると後は

日本の鉄道とほぼ似た感覚ですね


乗車券には片道切符(コインのようなプラスチック)・1日乗車券・悠遊カード があり

今回は移動手段としてMRTを使うので、チャージできる

悠遊カードを購入。

1枚500元、そのうち100元がデポジット料金

400元が使用可能・・・このカードを使うと乗車料金が2割安です!!

残高が少なくなったら、自動チャージ機(加値機)でチャージ可能

カードが不要になると、窓口で払い戻しをしてくれますよ

(払い戻し期限が、最終チャージ日から2年半なのでリピーターには

嬉しい限り^^)


台北松山空港から市内へのアクセス方法 [交通]

① タクシーを使うと台北駅まで約20分(200元)

② 隣接するMRT文湖線の松山機場駅から

   乗り換えを含めても、約30分


ちなみに、就航は

   チャイナエアライン・日本航空・全日空・エバー航空が

   毎日2便で計8便運航しています。


台北松山空港まで、直行便で飛びました! [交通]

2010年10月21日に、東京国際空港(羽田空港)の

新国際線旅客ターミナルの新規オープンに伴って
 
台北松山空港との直行便が復活したので、便利になりましたよ。

飛行時間で30分、市内へのアクセスで1時間近く早くなって、

台北東京日帰り圏ということも、あり!!


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。